歯医者が望む患者像とは?

歯の治療を受けるときは、患者と歯医者との相性が大事です。
これは、どの診療科を受診するときでも言えることですよね。
しかし、歯の治療では口の中に触れるため、双方の信頼関係がないとスムーズな治療が難しくなります。
やはり、治療中に動かない人や、治療を怖がらない人が理想的ではないでしょうか。
下手に動くと却って危険です。
また、治療時間が長引くほか、トータルの治療回数にも影響することが少なくないでしょう。
このような理由もあり、歯医者で治療を受けるときは、大船に乗った気持ちになることが大切かもしれません。
それとは別に、歯医者はどのような患者を望むのか気になりますよね。
治療内容によっては、健康保険が使えない自由診療もあります。
歯医者の経営を考えると、自由診療を選ぶ患者が喜ばれるのでは?と考えてしまいますよね。
しかし、自由診療の対象になったとき、ふだん以上に責任の重さを感じる歯医者も少なくないようです。
また、望ましい患者として、予約時間をきちんと守ってくれる人、という話もあります。
いまではすっかり定着した予約制ですが、歯医者に迷惑を掛けないためにも、可能な限り守るようにしたいものです。