有利な離婚をしたいなら弁護士は欠かせない

昔は離婚する夫婦ってそんなに多くはなかったけど、今は離婚なんて珍しくなくなりましたよね。
私の友達もバツイチの人はたくさんいるし、離婚を考えている友達もいます。
離婚するとなると子供の事や住宅ローン、これからの生活など色々悩みはあると思いますが、自分に有利な離婚をするためには弁護士に相談するべきです。
ひと昔前は離婚調停では弁護士をつけず、離婚裁判になったら弁護士をつける人が多かったのですが、近年では離婚調停の段階から弁護士をつける人が多くなっています。
離婚調停の段階で弁護士がいると、あなたの言いたいことを調停員にきちんと伝える事ができます。
また、調停の時に弁護士にフォローしてもらえるなど、色々なメリットがあるので離婚調停手続きを有利に運ぶことができるのです。
離婚調停では条件に同意して離婚調停が成立し、成立したあとは判決と同じ効力があるので変更する事ができなくなります。
だから調停の条件で取り返しのつかない失敗をしないためにも、弁護士をつけた方がいいのです。
とくに気が弱くおしきられてしないそうな人や、離婚条件が複雑な人は弁護士をつけた方がいいですよ。