患者の気持ちに寄り添う東川口の歯科医院

「小さい子どもでも頑張れるのに!」
歯の治療中にそう言われて、キズついた人も少なくないでしょう。
これは、絶対に言ってはいけないNGワードだと思います。
治療中に暴れたり、下手に動いたりすると危険なだけでなく、却って時間が掛かることは誰しも理解できますよね。
そうならないために、「まな板の鯉状態」でガマンしている人もいるのです。
結果として、歯医者嫌いになり、治療のタイミングが遅れ、さらに悪化するという「負の連鎖」に陥る人もでてきます。
このような患者の気持ちに寄り添って治療しているのが「河野歯科クリニック」です。
治療に際して、治療中に苦しくなったときは手を上げて合図するようにとの案内がなされています。
具体的には、痛みがひどい、唾液がたまって苦しいときなどが該当します。
治療は短時間で済むかもしれませんが、その時間を半端なく長く感じることもあります。
そのため、このような配慮があると安心して治療が受けられるのではないでしょうか。
こちらは、JR武蔵野線「東川口駅」から徒歩9分のところにあり、東川口の歯科医院として知られています。
治療に苦手意識を持つ人は、こちらの歯科クリニックで相談することをおすすめします。