ネット販売する人はしっておかなければならない特定商取引法とは?

自宅にいながら、インターネットで買い物ができる便利な時代になってきましたよね。
たくさんあるネット販売はどのようにして開設しているのでしょうか。
ネット販売をするにあたって、特定商取引法に基づいた規制を守らなければならないそうです。
特定商取引法とは、責任者の氏名や住所、電話番号などを表示することや広告メールを購入者が希望していないのにもかかわらず送信してはならない、誇大広告をしてはいけないなどいろいろと規制があります。
この規制をすることによって悪質な勧誘を防止することができます。
また、食品販売の場合は食品衛生法や酒類を売る場合は酒税法など販売する商品によって、法律が定められています。
しかし、購入後、販売店からたくさん商品のメールが届いたりすることはよくありますよね。
メール程度ならいいですが、そのほか悪質に無理な契約の申し込みをさせようとしたり、特定商取引法に違反した場合は、業務停止や罰則の対象になります。
誇大広告をした場合は、差し止め命令などネット販売をするにあたってたくさんの決まりがあるので、開設前に確認しなければなりません。