ダンディズムコレクションで洗練された自分になる

冬の街は、イルミネーションを飾り付けられ、明るく華やいでいる。
クリスマスプレゼントを選ぶために街を歩いたり、外食を楽しんだり、おしゃれをする機会が増える季節だ。
女がおしゃれをするのなら、男もおしゃれをした方が、二人は特別な気分で一日を過ごせることだろう。
男の冬のおしゃれなら、断然ダンディなスタイルをおすすめする。
ダンディズムコレクション」というwebサイトがあるので、一度ご覧いただきたい。
ダンディと表現される、上品で洗練されたジャケットスタイルは、女ウケが抜群だ。
このような服装ならレストランのドレスコードを気にすることもない。
ダンディな時計、靴、スーツ、ネクタイ、タイピン、シャツ、帽子、サングラス、ポケットチーフ、カフスなど、こだわりだしたらきりがないだろう。
なにしろ、ダンディとは何かを調べると、そのようにファッションに夢中になったヨーロッパのとある男にたどり着くからだ。
彼は、毎日の身支度に2時間かけたようである。
「ダンディズムコレクション」で提案されているようなダンディな服装をするために、映画一作品分の時間を鏡の前で過ごすことは、ダンディの作法なのだろう。