税理士法人アクシス

税理士法人アクシスという、主に徳島、香川、淡路島で活動しているところがあります。
よくラジオでも、コマーシャルをしているようで時々耳にする名前でした。
創業48年目を迎えるそうで、アクシスグループとして社会保険労務士法人アクシス、行政書士法人アクシス、経理代行業などもあるようです。
アクシスの税理士と顧問契約を結びますと、出納帳の付け方から各書類の書き方、書類整理の仕方、また会計ソフトの説明まで細かく指導してくれます。
原則として、税理士が最低でも月に1回は会社訪問をしてくれ、帳簿チェック、月次試算報告、その他いろいろ困ったことがあれば相談にのってくれます。
税金スケジュールを立てて、決算の2か月前には検討会を開き節税プランを立てます。
税金はもちろん、各保険業務、社長や社員の給与体系、借り入れや返済、助成金について、相続や対策など相談に応じてくれます。
年に1度の確定申告、書き方や計算など、迅速丁寧なプロに任せてください。
申告書の作成から税務署に提出、報告までスムーズにおこなってくれます。
経営のお手伝いから相続の問題まで、全て解決するのがアクシスです。

歯医者が望む患者像とは?

歯の治療を受けるときは、患者と歯医者との相性が大事です。
これは、どの診療科を受診するときでも言えることですよね。
しかし、歯の治療では口の中に触れるため、双方の信頼関係がないとスムーズな治療が難しくなります。
やはり、治療中に動かない人や、治療を怖がらない人が理想的ではないでしょうか。
下手に動くと却って危険です。
また、治療時間が長引くほか、トータルの治療回数にも影響することが少なくないでしょう。
このような理由もあり、歯医者で治療を受けるときは、大船に乗った気持ちになることが大切かもしれません。
それとは別に、歯医者はどのような患者を望むのか気になりますよね。
治療内容によっては、健康保険が使えない自由診療もあります。
歯医者の経営を考えると、自由診療を選ぶ患者が喜ばれるのでは?と考えてしまいますよね。
しかし、自由診療の対象になったとき、ふだん以上に責任の重さを感じる歯医者も少なくないようです。
また、望ましい患者として、予約時間をきちんと守ってくれる人、という話もあります。
いまではすっかり定着した予約制ですが、歯医者に迷惑を掛けないためにも、可能な限り守るようにしたいものです。

相続税についてのお知らせという文書が…

父が亡くなりしばらくしてから税務署から「相続税についてのお知らせ」という文書が来て慌てたのを思い出しますが、あの文書はちょっとドキッとしますよね。
実はうちは「え!どうしよう!」と慌ててしまいましたが、とりあえず税務署に折返し電話をしたような気がします。
後の祭りではありますが、税務署側では節税の対策はしてもらえませんし、計算などももちろんしてくれません。
「それだったらどこへ相談しにいけばいいのか」という流れで税理士など相続のエキスパートが集まるサポートセンターに相談しに行ったことを覚えています。
最終的にはギリギリ相続税の申告はしなくて済みました!
自分で簡単に計算したところ少し税金を払うような結果がでたのですが、慌てて申告しなくてよかったです。
ちなみにもし相続をサポートセンターで相続をサポートしてもらう場合にはもちろん費用はかかります。
インターネットで調べてみたところ、業界で一番安いところは180,000円あたりが水準のようです。
相続の相談を専門家に相談したい場合はやはり費用が安いことも大事かもしれませんが、安心して任せられる先生を選べることがキーポイントになりそうですね。

都会の美容院の変化があまりに大きすぎる?!

都会に行けば行くほど美容院の仕様というものが変わることは、確かであるようです。
しかし、さすがに「座るもの」の仕様を180度覆している美容院はそうないでしょう。
既に高円寺では知られすぎている美容院でもあるようで、仕様としては定着しているかもしれません。
ちょっと座り心地がよくなる…程度の仕様変更ならどの新規美容院にもありえるものです。
ただ、座るものじたいの変更はどんな新規美容院でも田舎にはまずありえないことでしょう。
なので、田舎から上京した人がまず行くところが高円寺で、しかも美容院ということも否めません。
新しい美容院には目がない女性たちでさえも、思わず黙ってしまう美容院というところでしょうか。
やはり都会の美容院には田舎にないものを取り入れている傾向がすごく多いなと思います。
もちろん、どんな美容院でも取り入れられるものではなく、しっくりくるところにしかないものといえます。
美容院はどんな風に差をつけるか、がすごく難しいものですが、都会のなかでも大きく差を開けた美容院といえるでしょう。
しかも先に取り入れた分、他に真似されることがないので、美容院に人が来やすくもなると思います。
そう、そんな美容院があるのを日本人ならず外国の人でも気にするものだからです。

有利な離婚をしたいなら弁護士は欠かせない

昔は離婚する夫婦ってそんなに多くはなかったけど、今は離婚なんて珍しくなくなりましたよね。
私の友達もバツイチの人はたくさんいるし、離婚を考えている友達もいます。
離婚するとなると子供の事や住宅ローン、これからの生活など色々悩みはあると思いますが、自分に有利な離婚をするためには弁護士に相談するべきです。
ひと昔前は離婚調停では弁護士をつけず、離婚裁判になったら弁護士をつける人が多かったのですが、近年では離婚調停の段階から弁護士をつける人が多くなっています。
離婚調停の段階で弁護士がいると、あなたの言いたいことを調停員にきちんと伝える事ができます。
また、調停の時に弁護士にフォローしてもらえるなど、色々なメリットがあるので離婚調停手続きを有利に運ぶことができるのです。
離婚調停では条件に同意して離婚調停が成立し、成立したあとは判決と同じ効力があるので変更する事ができなくなります。
だから調停の条件で取り返しのつかない失敗をしないためにも、弁護士をつけた方がいいのです。
とくに気が弱くおしきられてしないそうな人や、離婚条件が複雑な人は弁護士をつけた方がいいですよ。

留学はしたいと思っても簡単にできる物ではないです

どんな事でもやりたいと思ってもできません。
「やりたい」と思ってできる人もいますが、思っていることができない人もたくさんいます。
出来ない人の方が多いでしょうね。
留学をしたいと思っている人は老若男女問わず、います。
すべての人が留学をしたいと思っているわけではないですが、留学したいと思っている人は多いです。
でも、思っていてもできないのが留学です。

留学の仕方が分からない人はいます。
留学する前に費用を貯めておくのは普通です。
無一文で留学はできませんからね。
お金を持って行かなくて外国にわたっても向こうで苦労するだけです。
留学先で苦労しないためにもある程度の費用は貯めておく事です。
貯める費用も日数によって違います。
費用の問題もありますが、一番大きいのは危険度です。

日本に長年住んでいると安心できます。
長く住んでいる場所を安心できないという事はほとんどないです。
でも、行った事がない国や旅行で行った程度の国の場合は安心できない事が多いです。
「留学はしたいけど、海外は危険だから」と思う事は多々あります。
「危険でも留学をする」という人もたくさんいますけどね。
留学はしたいけど、費用や言葉の問題、それに危険度から迷う人は多いですが、本気で留学を考えているのなら言葉や危険度の事はあまり考えないで費用の事だけを頭に入れて計画は立てた方が良いです。

税理士試験に受かるには長期戦の覚悟も!?

仕事のために必要な資格や、持っていたほうが有利な資格もありますよね。
必要性に迫られて資格取得を目指す人だけでなく、自分から積極的に資格試験に臨む人もいるでしょう。
資格試験の難易度は個々によります。
同じ資格試験でも、時代とともに仕組みが変わる場合も少なくありません。
資格試験に挑戦するときは、取得までにどれくらい掛かるのか知っておきましょう。
たとえば、科目別の合格ができるのか、一度にすべて合格する必要があるのかは、資格試験によっても異なります。
また、科目合格ができても有効期限がある資格も存在します。
もちろん、受験の意志は、試験の仕組みによって左右されるものではありません。
しかし、効率的な勉強をするためにも、把握しておくとよいのではないでしょうか。
税の専門家といわれる「税理士」の場合、科目合格ができることが大きな特徴です。
しかも、一度合格した科目が活かせる点でも注目されています。
ただ、全科目合格までがスムーズとは限りません。
なかには、10年以上掛かったという体験者も存在するからです。
このような背景もあり、税理士試験に受かるには長期戦の覚悟が必要かもしれませんね。

DVD制作の費用

DVD制作を頼まれ、編集と、人数分の焼き増しを行いました。
頼まれたのは、娘の卒園式でのことです。
謝恩会で思い出DVDを流すとして、政策を依頼されたのです。
特に得意なわけではないのですが、多少のことはできるので引き受けました。
さて、DVD制作にはお金がかかっています。
実費だと、DVD、DVDのケース、パッケージのプリントインク代、DVDへのイラストプリントのインク代などです。
インク代は、正直全て使い切ったわけではないので正確な金額はわかりませんが、購入したものとして実費精算をお願いしました。
そして、できれば手間賃が欲しいと思っていました。
忙しい時間を削り、何時間もかけて作り上げたわけで、少しくらいお礼があってもいいのではないかと思ったのです。
さて、いざ清算の時になると、実費+菓子折り+いくばくかの謝礼金をいただくことが出来ました。
もちろん、皆から集金したものです。
思いのほかちゃんとしてくれていて、自分としては満足しました。
DVD制作過程では面倒なこともありましたが、気持ちよく終わることが出来て良かったです。
それにしても、毎年保護者同士でこんなことを繰り返しているんですかね。
お金がかかっても、業者に頼んでしまったらいいのになとも思いました。

娘が留学してしまうのが今から寂しい…

娘が県外の大学に通う事になり、実家を離れた時は本当に寂しかったです。
でも、四年経ったら戻ってくるし、若いうちは一人で生活するのも必要だろうって考えていました。
だけど、娘が大学卒業したら留学をするって言いだして、かなり凹んでいます。
私もそうだけど、主人の凹みようが酷くて、もう見ていて可哀想…

娘が留学する先が、ヨーロッパの方なので、かなり遠いですよね。
今でも一年に一二度帰ってくるかどうかなのに、留学してしまったらもうほとんど会えないんじゃないかな。
そう考えたら、本当に今からどうしようもなく寂しいです。
しかし、なんでまた娘は留学なんて考えたんだろう?
今までそんなこと聞いたこともなかったし、しかもヨーロッパなんて。

だけど、昔から娘は突然まわりが驚くようなことをする子でした。
勝手にサマーキャンプに申し込んできた時には本当にびっくりしました。
今回の留学もそんな感じで決めちゃったのかもしれないなぁ。
でも、娘がそうやって直感で決めたことはいつも良い結果になるんです。
だから、寂しいけど応援しようと思っています!

予防歯科って重要なんだなぁ~

歯を毎日磨いていても虫歯になることも歯周病になることもあるので、歯の健康を守るためには予防歯科に通う必要があります。
予防歯科のある歯医者さんで定期的なメンテナンスを行うことによって虫歯や歯周病などを早期に発見することができ、歯の健康を維持することができます。
私も早期に歯のトラブルを発見することができなかったので、根の治療が必要な歯が2本もあって、治療が終わるまでに半年もかかってしまいました。
もっと早く歯が悪くなっている事がわかっていればこんなに治療期間が長くならなかったのになぁ。
そう考えると予防歯科って重要なんですね。
予防歯科に通って定期的なメンテナンスをやっておけば、早期に発見できて治療期間も短くてすみ、治療費も高額になることはありません。
歳を重ねると虫歯よりも歯周病の方が気になってくるので、私もそろそろ予防歯科に通ってみようと思っています。
私のように歯周病から歯を守りたい人や健康な歯で一生過ごしたい人は予防歯科をオススメします。
高齢になっても入れ歯ではなく、自分の歯で何でも食べたいですからね。